医薬品産業

医療制度改革や高齢化の進行に伴う医療サービスへのニーズの変化など、日本の医薬品業界は大きな岐路に立っており、その動向から目が離せない。

2015年8月号のMonthlyミクスでは、近年の医療制度改革が医薬業界に及ぼす影響や日本の製薬企業が生き残るカギについて、日本医療政策機構エグゼクティブディレクターの宮田俊男と厚生労働省医療保険担当審議官の武田俊彦氏との対談が特集されている。


Monthly ミクス 2015年8月 医薬品産業の明日を語る

特別対談「医薬品産業の明日を語る」(pdf記事) 内容:

「製薬企業はもっと危機感をもて! 新薬メーカーは新薬創出とグローバル化が生き延びる道」
「“かかりつけ薬剤師”として 地域に貢献を 多剤併用を防げ!セルフメディケーション含め患者をトータルで管理」
「ビッグデータが研究開発を変える: 臨床データ 基礎研究へのフィードバックを」

This article has been made available for use on JHPN by the editors of Monthly MIX.