女性の健康

世界に先駆けて急速に少子高齢化が進む日本において、人口維持への政策的介入と労働力の確保は急務です。2014年以降、政府は女性の活躍推進を成長戦略のひとつとして掲げ、産業界も女性役員・管理職への登用に関する行動計画を策定し、数値目標を設定するなど動きを活発化させています。
しかし、日本は労働力や教育のほか、性差を意識した女性の健康施策等について整備が未だ不十分であり、ジェンダー後進国と言えます。日本の女性が明るく健康であり、かつ活躍できる社会実現のためには何が必要か。ライフスタイルが劇的に変化し、新たな課題が生まれる昨今、女性の健康対策について再考する必要があります。

女性の健康対策の必要性


女性の健康と活躍推進に関連した各国の動向

女性の健康増進が社会にもたらす影響の調査結果(日本医療政策機構実施、2016年発表)